76ers2カ月ぶり勝った!ワーストタイ26連敗でストップ

[ 2014年3月31日 05:30 ]

 NBAの76ersが連敗をリーグワーストタイの26で止めた。地元フィラデルフィアでピストンズに123―98と大勝し、1月29日のセルティクス戦以来2カ月ぶりの白星。11年のNBAキャバリアーズと76~77年のNFLバッカニアーズが喫した北米メジャースポーツの連敗記録更新を免れた。

 勝利を待ちわびていた地元ファン1万7438人は、第4Q残り45秒からスタンディングオベーションで選手を称えた。ハーフタイム時点で今季最多の70点を挙げ快勝。NBA記録にあと1つと迫っていたホームでの連敗も18で止めた。数年後を見据えてベテランを放出し、経験の少ない選手で戦っているチーム状況は厳しいが、21得点のヤングは「素直にうれしい。連敗とか余計なことを考えず全力でプレーし続けようと思った」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2014年3月31日のニュース