DeNA 全日本実業団は2区はカロキ、4区は上野

[ 2013年12月25日 05:30 ]

中畑監督(中央)はニューイヤー駅伝に出場するDeNAランニングクラブの(左から)上野主将、瀬古総監督、ビダン・カロキ、DeNA・子安社長らの前でエールを送る
Photo By スポニチ

第58回全日本実業団対抗駅伝

(1月1日 群馬県庁発着の7区間100キロ)
 瀬古総監督は出場メンバーについて「2区はカロキ、4区は上野でいきます」と話した。

 ケニア出身のカロキはロンドン五輪の男子1万メートルで5位入賞。上野は中大で4年間箱根駅伝を走り、競り合いの強さに定評がある。5位に入った11月3日の東日本実業団対抗駅伝では2区の上野が前日に発熱しながら強行出場。瀬古総監督は「いい体調ならもっと上にいける」と訴えた。エスビー食品時代は9位だった00年を最後に出場しておらず、結果が注目される。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月25日のニュース