まだ相撲取れず 琴奨菊「不安だらけ」琴欧洲「不安に思うと…」

[ 2013年12月25日 18:16 ]

 先場所途中休場した琴奨菊と琴欧洲が25日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で、ともに若手を相手に立ち合いの当たりの確認などを行った。まだ相撲を取れず、慎重な調整が続いている。

 大胸筋断裂で今場所を2度目のかど番で迎える大関琴奨菊は「まだ少し痛みがある。いろいろな力が加わったときとか、不安だらけです」と素直に心境を漏らした。

 左肩脱臼で関脇に落ちた琴欧洲は大関復帰に10勝が必要となる。「できることをやっている。不安に思うときりがない」と自分に言い聞かせた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月25日のニュース