PR:

アームストロング処分承認 7連覇剥奪、永久追放

 国際自転車連合(UCI)のマクウェイド会長は22日、スイスのジュネーブで記者会見し、極めて悪質なドーピング違反があったとして米国反ドーピング機関(USADA)がランス・アームストロング(米国)に下した1999~2005年のツール・ド・フランス7連覇のタイトル剥奪と永久追放の処分を承認したと発表した。

 マクウェイド会長は「自転車界にアームストロングの居場所はない」と明言。がんを克服し、かつては広く尊敬を集めた41歳の元スター選手への処分が確定した。ツール・ド・フランスの責任者は、7連覇の期間の優勝者を不在とする考えを12日に示している。

 USADAは8月に処分を発表し、今月10日には当時のチームメート11人の証言を含む膨大な報告書を公表した。「最も巧妙かつ専門的で成功したドーピング計画だった」と強く非難した。アームストロングは違反を認めていない。(共同)

[ 2012年10月22日 22:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画