レイカーズ フィッシャー放出、2対2のトレード成立

[ 2012年3月17日 06:00 ]

 NBAのトレード締め切り日となった15日、レイカーズは過去5度のファイナル制覇に貢献したガードで、選手会長も務めるデレク・フィッシャー(37)をロケッツに放出。キャバリアーズとは2対2のトレードを成立させ、フィッシャーの代役として今季平均10・5得点を挙げているラモン・セッションズ(25)を獲得した。

 マジックのドワイト・ハワード(26)は前言を撤回して自身が保有するFA選択権を放棄し、来季までの残留が確定。この日は5試合が行われ、ブラジル出身のセンター、ネネ(29)をウィザーズに放出したナゲッツはサンダーに90―103で敗れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年3月17日のニュース