女子の東レが2連勝!男子は全チーム1勝1敗

[ 2012年3月17日 19:11 ]

久光製薬に勝利し、喜ぶ木村沙(左)ら東レの選手たち

 バレーボールのプレミアリーグ決勝ラウンド第2日は17日、岐阜メモリアルセンターなどで行われ、女子は東レ(レギュラーシーズン1位)とデンソー(同3位)、男子はパナソニック(同2位)とサントリー(同4位)が勝った。女子は東レが2連勝で、男子は全4チームが1勝1敗となった。

 女子は2季ぶりの優勝を狙う東レが木村沙らの活躍で久光製薬(同2位)を3―1で退け、デンソーは岡山シーガルズ(同4位)を3―0で下し、久光製薬とともに1勝1敗となった。岡山は2敗。

 男子で全日本選手権を制したパナソニックは福沢の強打がさえ、3季ぶりの頂点を目指す東レ(同1位)にストレート勝ち。サントリーは堺(同3位)にフルセットで競り勝った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年3月17日のニュース