池田 6番パー5で大叩き11打…第2Rは復調の兆しも

[ 2011年3月26日 06:00 ]

単独最下位でホールアウトした池田

USPGAツアーアーノルド・パーマー招待

(3月25日 米フロリダ州オーランド ベイヒル・クラブ&ロッジ(7419ヤード、パー72))
 池田勇太(25=日清食品)は第1日は6番パー5で3度も池ポチャして「11」の大叩き。12オーバーの84と崩れて最下位の119位に沈んだ。

 2日目、最下位から出た池田は前日とは一転、3バーディー、ノーボギーと復調の兆しを見せたが、通算9オーバー。第1日は最悪だった。左サイドに池が続く6番パー5で11の大叩き。第2打をUTでグリーンを狙ったが、左の池へ。打ち直しの第4打もアイアンに持ち替えた第6打も池に打ち込んだ。第8打を刻んで第9打でグリーンオン。2パットでようやくカップにたどり着いた。1ホール11打もハーフ44も、そして84のスコアも自己ワースト。池田は「パットを外した。パターが一番のキーかな」と言葉少なだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月26日のニュース