17歳長岡がバスケ女子の日本代表候補に

[ 2011年3月26日 18:33 ]

 日本バスケットボール協会は26日、ロンドン五輪予選を兼ねる女子アジア選手権(8月・長崎県大村市)の日本代表候補18人を発表し、北海道・札幌山の手高2年の長岡萌映子が高校生でただ一人入った。

 180センチの長岡は得点力のあるフォワードで、昨年12月の全国高校選抜優勝大会決勝で50点をマークして脚光を浴びた。初選出は長岡のほか、大庭久美子(デンソー)ら3人。

 昨年の世界選手権で平均得点1位だったエース大神雄子やアシスト部門トップの吉田亜沙美、今季のWリーグで史上初めて新人で最優秀選手に輝いた渡嘉敷来夢らJX勢は順当に選ばれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月26日のニュース