決断力取り戻した宮里藍「あれは大きかった」

[ 2011年3月26日 12:36 ]

起亜クラシック

(米ロサンゼルス インダストリーヒルズGC)
 宮里藍は粘って週末に望みをつないだ。3時間遅れで10番からスタート。「前半はショットの距離感が合わず、パットにも苦戦した」。15番で12メートルを3パットボギー、16番で第2打をバンカーに入れて後退した。

 17番を終え「パットに決断力が足りなかった」と気付き、18番で上から5メートルを沈めて初バーディーを奪った。「あれは大きかった」とパットにさえを取り戻した。

 後半は2、4、8番で2~3メートルを沈めスコアを伸ばした。「ショットは良いし、まずまずの位置」と追い上げを誓った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月26日のニュース