藍 後半に盛り返し17位発進

[ 2011年3月26日 06:00 ]

第1ラウンドでプレーする宮里藍

USLPGAツアー起亜クラシック第1日

(3月24日 米カリフォルニア州インダストリー インダストリーヒルズGC(6707ヤード、パー73))
 宮里藍も「まけるな日本」と記したバッジを帽子に着けてプレーし、72にまとめて17位。

 ボギーが先行したが、後半に盛り返し、「気持ちを切り替えて普段通りのプレーができた」と充実感を漂わせた。宮城・東北高出身で仙台には友人、知人も多い。初日のプレーでバッジがテレビに映ったと知ると「よし!」と声を弾ませた。「難しい精神状態だけど、まずは一生懸命プレーする。一歩ずつです」と被災地へ元気を届けることを誓った。

 ≪大山 1年半ぶりに復帰し75≫大山が米ツアーに1年半ぶりに復帰した。昨年は左肘の故障に公傷制度が適用され、一昨年の賞金ランキング76位の資格で今大会の出場権を得ていた。初日は75だったが、それでも、「ショットもパットもアプローチも2年前よりもずっと成長した」と前向き。「気持ちは日本にある。少しでも元気なニュースを伝えたい」と話した。

 ▼49位・上田桃子 ショットの調子があまり良くない中、前半はチャンスを生かせなかった。「まけるな日本」のバッジを着けているので結果を出したいという気持ちが先走った。(3バーディー、4ボギー)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年3月26日のニュース