愛ちゃん、順当なら準々決勝で石川佳純と…

[ 2008年12月2日 17:07 ]

 日本卓球協会は2日、全日本選手権(来年1月13―18日・東京体育館)のシード組み合わせを発表し、女子シングルスで初優勝を目指す福原愛(ANA)は、順当なら準々決勝で2大会連続ベスト4の15歳、石川佳純(ミキハウスJSC)と対戦するゾーンに入った。

 5度目の制覇を狙う平野早矢香(ミキハウス)は、同じ北京五輪代表の福岡春菜(中国電力)と準々決勝で当たる組み合わせ。
 男子シングルスで3連覇を狙う水谷隼(明大)は、順当なら岸川聖也(スヴェンソン)と準々決勝で顔を合わせる。また、混合ダブルスでは福原と水谷が組んで出場する。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2008年12月2日のニュース