白鵬 不知火の墓前で土俵入り

[ 2008年12月2日 18:11 ]

 巡業が行われた熊本県宇土市は、横綱土俵入りの型の一つ「不知火型」の創始者とされる8人目の横綱、不知火の出身地。この日、不知火型の白鵬が墓前で土俵入りを行った。

 白鵬は九州場所で、不知火型の横綱では明治から大正にかけて活躍した太刀山と並んで最多の9度目の優勝。偉大な先人が眠る前での記念の土俵入りに「特別な場所でした」と感慨深げだった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2008年12月2日のニュース