男子百十メートル障害の劉翔が手術へ

[ 2008年12月2日 23:17 ]

 北京五輪の陸上男子百十メートル障害を右アキレスけん負傷のために棄権した劉翔(中国)が、数週間以内に米国で手術を受けると中国陸連が2日、発表した。米プロバスケットボールNBAの姚明の手術を担当したロケッツの医師が執刀する予定。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2008年12月2日のニュース