11年ラグビーW杯 アジア代表はA組

[ 2008年12月2日 00:34 ]

 ラグビーの2011年ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会の1次リーグ抽選会が1日、ロンドンで開かれ、アジア代表はA組に入った。日本が10年のアジア5カ国対抗で優勝し、7大会連続出場を決めた場合は、地元ニュージーランド、フランス、トンガなどと対戦する。

 11年W杯には20チームが出場。前回の07年W杯フランス大会の成績により12チームが既に出場権を獲得しており、2連覇を目指す南アフリカはウェールズ、フィジーなどと同じD組に決まった。前回準優勝のイングランドはB組でアルゼンチン、スコットランドなどと争い、C組にはオーストラリア、アイルランド、イタリアが入った。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2008年12月2日のニュース