×

欧州選手権が開幕!開催国ドイツ5発快勝 “21歳の至宝コンビ”そろい踏みで7大会ぶりVへ好発進

[ 2024年6月15日 05:55 ]

欧州選手権1次リーグA組   ドイツ5―1スコットランド ( 2024年6月14日    ミュンヘン )

<欧州選手権 ドイツ・スコットランド>前半、MFウィルツ(右から2人目)が先制ゴールを決め喜ぶドイツ代表イレブン(ロイター)

 サッカーの24年欧州選手権ドイツ大会が14日に開幕。7大会ぶり4度目の優勝を狙う開催国ドイツは、1次リーグA組初戦でスコットランドに5―1と快勝。先発出場したMFフロリアン・ウィルツ(21=レーバークーゼン)が前半10分に先制ゴールを決めると、MFジャマル・ムシアラ(21=Bミュンヘン)が同19分に追加点を決めるなどドイツの将来を期待される“21歳の至宝コンビ”が躍動し白星発進に貢献した。

 開催国として96年イングランド大会以来、28年ぶりの優勝が期待されるドイツは前半から主導権を握ると開始10分で先制ゴール。MFクロースが左サイドから右前方へ正確なロングパスを通すと、攻め上がったDFキミヒがゴール前でグラウンダーのクロス。これを走り込んだMFウィルツがペナルティーエリア手前からダイレクトで右足一閃。強烈なシュートが相手GKを襲いゴールイン。今季のドイツ1部最優秀選手賞を受賞した大会注目の逸材がいきなり輝きを放った。

 勢いに乗ったチームは同19分に追加点。MFギュンドアンのスルーパスで抜け出したFWハーバーツがペナルティーエリア内左から右やや後方へパス。これをMFムシアラがゴール正面で巧みなトラップから右足を振り抜き、豪快にネットを揺らした。

 さらに前半アディッショナルタイム、ゴール前のチャンスでMFギュンドアンがDFポーテウスに足を引っかけられVAR判定によりPKを獲得。DFポーテウスはレッドカードを受け一発退場となり数的有利な状況に。このチャンスをFWハーバーツが決め、3―0とリードを広げた。

 後半23分には途中出場のFWフュルクルクがチーム4点目を決めると、アディッショナルタイムには途中出場のMFジャンにもゴールが生まれるなど5―1と快勝。選手交代しながらもゲームを支配し続けほとんど相手に攻撃をさせず枠内シュート0本に抑えたが、同42分にセットプレーからDFリュディガーのオウンゴールによって失点する場面もあった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月15日のニュース