×

長谷部誠氏 指導者講習一緒に受けた豪華メンバーとは…ネットで反響「次元が違いすぎる」

[ 2024年6月15日 10:02 ]

欧州選手権1次リーグA組   ドイツ5―1スコットランド ( 2024年6月14日    ミュンヘン )

元サッカー日本代表の長谷部誠氏
Photo By スポニチ

 今季限りで現役引退した元サッカー日本代表の長谷部誠氏(40)が14日、「ABEMA(アベマ)」で無料放送された24年欧州選手権ドイツ大会開幕戦「ドイツ―スコットランド」の解説者として生出演。試合中のエピソードトークが「面白すぎる」とネットで話題となった。

 長谷部氏はドイツ代表のナーゲルスマン監督とはどんな人物なのか?と問われ「彼とは一度、試合中に大ゲンカしたことがあるんですよ(笑)。非常に熱い監督でもちろん戦術もあるんですが、エモーションの部分をチームに注入するってことを大切にしている監督だなと思いますね」と明かすと、続けて「監督としてピッチサイドで感情を表すっていうのは一つのショーみたいなものもある。そういうのを意識してやってると思いますけどね」と持論を展開。

 この日フル出場で勝利に貢献したドイツ代表DFリュディガーが話題となると「さっきからケンカの話ばかりになってしまうんですが、リュディガーともしてました(笑)。僕は結構ピッチに立つと熱くなるタイプなので。彼がシュツットガルトにいた時、(彼は)相当若かったんじゃないですかね?すごい挑発されたんで…」とエピソードトークを披露した。

 さらに「ギュンドアンとは指導者ライセンスで一緒に講習を受けました。彼はサッカーのIQがスゴく高くて引き出しをたくさんもってますし、僕らはまだライセンスBの講習だったんですけど、日本でいうS級クラスのレベルの話をしていましたね」とドイツ代表の主将を絶賛。続けて「ケディラ、シュティンドル、ヌリ・シャヒンとか現役や現役上がったばかりの選手が受けられる特別コースを受けさせてもらったんです」と話す場面があった。

 この長谷部氏の解説ぶりがネット上で「長谷部さんのエピソードトーク面白すぎる」「経験談の次元が違いすぎる」「ギュンドアンと一緒に指導者ライセンス講習受けてたエピソードはしびれた」「ギュンドアンと指導者講習一緒に受けた、なんてサラッと言える日本人もう出ないよ」「その講習受けている様子が見たい」「さすが長谷部さん」と反響を呼んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月15日のニュース