×

京都GK具聖潤「特別なものはない。絶対に勝つ感情だけ」古巣・札幌との“6ポイントマッチ”に気合十分

[ 2024年6月13日 15:49 ]

昨夏まで在籍した古巣・札幌との大一番に臨む京都GK具聖潤
Photo By スポニチ

 19位・京都は15日、ホームで最下位・札幌との大一番を迎える(サンガS)。6月の残り4試合は柏を除けば札幌、鳥栖(17位)、湘南(18位)と下位に沈むクラブと3試合。残留を左右する『裏天王山シリーズ』となる。

 その一発目の試合。気合を入れるのは昨夏まで計6年間札幌に在籍していたGK具聖潤クソンユンだ。「プロとして移籍はあり得ること。いつの日か、札幌とは試合をするだろうと思っていました。特別なものはない。京都の一員として勝つ。絶対、勝たないといけないという感情しかない」。4月27日・神戸戦以来8試合ぶりのクリーンシートで“6ポイントマッチ”を制する構えだ。

 「6月は本当に重要な月になる。順位が近いチーム同士との戦いが続く。勝つか負けるかで自分たちが上にいけるかどうかになる」

 守備のやり方が明確になり、直近のリーグ戦は最少失点で2試合連続ドロー。前日12日の天皇杯2回戦では、たけびしスタジアム(旧西京極)で今季ホーム初勝利を手にした。少しずつ上向きになる中、さらなる上昇気流に乗せるためにも札幌戦勝利は譲れない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月13日のニュース