×

日本唯一をうたうサッカー総合専門学校・JAPANカレッジ 名古屋から金星で指揮官「みんなに感謝」

[ 2024年6月13日 04:30 ]

天皇杯2回戦   JAPANカレッジ1-0名古屋 ( 2024年6月12日 )

 名古屋に勝利し、雄たけびを上げるJAPANカレッジ・上元(下)ら=豊田
Photo By 共同

 2回戦はJ1、J2勢が登場して32試合が行われ、J1の3チームが敗退した。筑波大(茨城)が1―1からPK戦の末に町田を破り、大学勢としてJ1首位クラブから初めて勝利した。社会人北信越1部所属のJAPANカレッジ(新潟)は、名古屋を1―0で勝った。磐田はJ3の宮崎(宮崎)に1―2で屈した。3回戦は7月10日に行われる。

 JAPANカレッジは、猛攻をしのぎ、敵地で名古屋から大金星を挙げた。後半6分。敵陣で篠田が球を奪い、右から中央にクロス。上元が左足で合わせて殊勲のゴールを決めた。金子監督は「率直に勝てると思っていなかった。みんなに感謝」と声を震わせて喜んだ。日本唯一をうたうサッカー総合専門学校。北信越リーグに所属し、JFL入りを目指している。「こつこつ積み上げてきたものが花開いていると実感している」と監督。快挙で成果を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月13日のニュース