×

C大阪・パトリッキ 終了間際に頭で決勝ゴール「強いチームにホームで勝てて、うれしい」川崎Fに逆転勝ち

[ 2022年7月3日 06:00 ]

明治安田生命J1第19節   C大阪2―1川崎F ( 2022年7月2日    ヨドコウ )

<C大阪・川崎>試合終了間際、勝ち越しのゴールを決めたC大阪・パトリッキ
Photo By 共同

 C大阪が試合終了間際にリーグ2連覇中の川崎Fに逆転勝ち。FWパトリッキが会場を興奮の渦に巻き込んだ。右サイドFKからのクロスに対し、身長1メートル75ながらニアに飛び込んで頭を合わせた。「強いチームにホームで勝てて、うれしい」と胸を張る。

 序盤から押し込まれながら逆襲。1点を追う後半14分は今季初先発のDF船木が前節清水戦に続いて同点弾。セットプレーでキッカーを務め、2アシストのMF鈴木は「チームが苦しい時にいかに力を発揮できるかが選手の価値」と言い切る。主将MF清武やMF原川など主力を複数欠く中で、4月の敵地に続いて王者を連破。小菊監督は「日ごろの積み重ね。チャンスをもらった選手が力を発揮してくれた」と手放しで喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年7月3日のニュース