×

神戸 浦和MF汰木獲り 来季ACL制覇へ補強ポイントずばり 大迫、武藤、イニエスタとJ屈指の破壊力

[ 2021年12月25日 04:00 ]

槙野(左)とともにボール回しに汗を流す汰木
Photo By スポニチ

 神戸が来季の新戦力として浦和MF汰木(ゆるき)康也(26)を獲得することが24日、濃厚となった。複数の関係者によると、交渉は細部を詰めるだけという。

 狭いスペースでの技術に優れ、積極的な仕掛けが持ち味である1メートル83の大型ドリブラーは、今季公式戦46試合出場で5得点6アシスト。来季ACL制覇を目標に掲げる神戸は4―2―3―1システムも想定しており、左サイドの攻撃的選手が補強ポイントになっていた。

 日本代表FW大迫と約3年ぶりに日本代表復帰を果たしたFW武藤、元スペイン代表MFイニエスタで形成する攻撃陣に新たな戦力が加わり、J屈指の破壊力となりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月25日のニュース