WEリーグ1号はINAC神戸FW高瀬がゲット 開始3分で歴史的弾

[ 2021年9月12日 10:13 ]

<開幕戦 I神戸・大宮V> WEリーグ第1号となる先制点を決めるI神戸・高瀬 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 「WEリーグ1号」はINAC神戸の元なでしこジャパンFW高瀬愛実(30)が決めた。

 日本女子サッカー初のプロリーグが開幕し、第1節で最も開始時間の早いINAC神戸―大宮戦(ノエスタ)は午前10時1分にキックオフ。開始早々の前半3分、MF成宮唯の放ったシュートが左ポストに弾かれると、こぼれ球に高瀬が反応した。右足で冷静に押し込み、ネットを揺らした。

 これが記念すべき1号弾。新たな歴史に名を刻んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月12日のニュース