FC東京 長友佑都の獲得発表 背番号「50」 11年ぶり古巣復帰「経験全てを東京の勝利のために還元」

[ 2021年9月12日 08:30 ]

長友佑都
Photo By スポニチ

 FC東京は12日、日本代表DF長友佑都(35)を獲得したと発表した。08年から10年まで所属した古巣に11年ぶりに復帰することとなった。背番号は「50」となった。

 きょう35歳の誕生日を迎えた長友。7月にフランス1部マルセイユからの退団が発表され、現在は無所属の状態となっていた。無所属となってからは欧州を軸に移籍先を探し、神戸も含めた国内外の複数クラブが獲得に興味を示した。好条件のオファーもあったが、貫いたのは古巣愛。FC東京を愛し、FC東京のサポーターから愛された男が、味の素スタジアムに帰ってくる。

 クラブを通じて、以下のようにコメントした。

 「ボンジョルノ!FC東京ファミリーのみなさんお久しぶりです。11年ぶりに僕の愛するこの場所に帰ってくることができとても嬉しく思います。この間にイタリア、トルコ、フランスと様々な国でそれぞれのチームと自分の成長のために戦ってきました。そこで得た経験全てを東京の勝利のために還元していきたいです。ふと目を閉じて11年前を思い出してみると野心あふれていた当時が思い出されます。そして今、それ以上の想い、情熱を持って日々取り組んでいく覚悟です。

 感染症の影響で困難な状況は続いていますが、青赤のユニフォームを着てプレーする姿を見ていただき、少しでも元気になってもらえるように取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします!味スタで会いましょう!」

 ◇長友 佑都(ながとも・ゆうと)1986年(昭61)9月12日生まれ、愛媛県西条市出身の35歳。東福岡高から明大に進み、在学中の08年にFC東京と契約。その後にイタリア・セリエAのチェゼーナ、インテル・ミラノ、トルコ1部ガラタサライ、フランス1部マルセイユでプレー。日本代表は08年にデビューし、国際Aマッチ通算127試合出場4得点。1メートル70、68キロ。利き足は右。家族は妻でタレントの平愛梨と3男。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月12日のニュース