メッシロス何の!バルサ4発快勝発進 開始10分にはファンからメッシコールにブーイングも

[ 2021年8月17日 05:30 ]

スペイン1部   バルセロナ4-2Rソシエダード ( 2021年8月15日 )

<バルセロナ・Rソシエダード>4―2で勝利し、喜ぶバルセロナの選手たち(AP)
Photo By AP

 バルセロナがメッシ退団後の初戦となった今季開幕戦を白星で飾った。前半19分に新加入のFWデパイのFKにDFピケが合わせて先制。FWブレイスウェイトの2得点でリードを広げた。終盤の2失点で冷や汗をかいたが、4得点での勝利にクーマン監督は「最近いろいろなことがあっただけに、いいスタートを切ることが重要だった」と息をついた。

 開始10分には退団したエースの背番号10にちなんで多くのファンが「メッシ」コール。ラポルタ会長に対してはブーイングが向けられた。エース退団を招いたクラブの財政難解消のため、ピケが減俸に合意したことを明かしMFブスケツら他の主力も続く見通し。“事件”の余波を受けて苦闘する名門が、メッシ抜きで船出した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年8月17日のニュース