コナミが差別問題でグリーズマンとの契約を解除

[ 2021年7月7日 22:21 ]

バルセロナのグリーズマン
Photo By スポニチ

 バルセロナ所属選手の人種差別的な言動が問題となっている件で大手ゲームメーカーのコナミデジタルエンタテインメントは7日、FWアントワヌ・グリーズマンと結んでいた遊戯王コンテンツのアンバサダー契約を解除すると発表した。

 「スポーツの理念がそうであるように、いかなる差別も許されるものではないと考えています」と指摘。サッカーコンテンツに関してもクラブパートナーとしてバルセロナに経緯と対応の説明を求めるという。

 グリーズマンは同じフランス代表のFWウスマン・デンベレとともに19年の来日時に日本人男性を侮辱する動画が公開されて騒動に発展。6日には同クラブとスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史会長兼社長が正式に抗議する意向を表明していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月7日のニュース