U24“三笘システム”導入へ 4―3―3の新布陣に横内監督代行「視野に入れたい」

[ 2021年6月10日 05:30 ]

U-24日本代表・三笘
Photo By スポニチ

 東京五輪に臨むU―24日本代表の横内昭展監督代行(53)が9日、オンライン取材に応じ、本番に向けて4―3―3の新布陣をオプションとして取り入れる考えを明かした。

 4―2―3―1をベースに戦うが、横内監督代行は「試合の中でいろんなことが起きる。(4―3―3も)オプションとして視野に入れたい」と語る。DF吉田、DF酒井、MF遠藤航のOA枠3人を含めた守備は安定し、ボランチ1枚で攻撃的になる時間帯には有効な切り札となる。

 同じ4―3―3を用いてJリーグで圧倒的な力を放つ川崎Fの三笘には慣れ親しんだ形だ。システム変更とともに終盤に投入されれば、ジョーカーの期待度はさらに上がる。

 この新布陣への対応力も、メンバー生き残りを左右しそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月10日のニュース