札幌・小野がFK弾 41歳255日弾で天皇杯最年長得点を更新

[ 2021年6月10日 05:30 ]

天皇杯2回戦   札幌5-3ソニー仙台 ( 2021年6月9日 )

〈札幌・ソニー仙台〉前半、FKを直接決める札幌・小野
Photo By 共同

 札幌は前半14分に元日本代表MF小野が直接FKを決め、川本泰三(大阪ク)の持つ41歳105日の天皇杯最年長得点記録を更新した。

 41歳255日での得点だった。小野は「最年長ゴールというよりもチームが勝てて良かった」と話し、チームは5―3で辛くも勝利を収め3年ぶりの3回戦進出を果たした。

 自身は17年4月26日のルヴァン杯大宮戦(札幌ドーム)以来となる4年ぶりの公式戦ゴールとなった。 

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月10日のニュース