FIFAが欧州スーパーリーグ構想に警告 出場選手はW杯アウト!

[ 2021年1月21日 22:07 ]

FIFAのインファンティノ会長
Photo By 共同

 国際サッカー連盟(FIFA)は21日、欧州連盟(UEFA)など全6大陸の連盟と共同で欧州スーパーリーグ構想に反対する声明を公表した。参加したクラブや選手はFIFA及び各大陸連盟の公式大会参加を禁じると警告し、W杯や各大陸選手権などに出場できなくなる。

 スーパーリーグはUEFAが主催する欧州チャンピオンズリーグ(CL)の運営に不満を訴える強豪の間で長年にわたって議論され、最近では昨年10月にFIFAが後押しする形で進められていると英スカイニューズなどが報じていたが、今回の声明でFIFAはUEFAと足並みをそろえて反対の姿勢を明確化した。

 FIFAは各大陸王者によるクラブW杯の出場枠を24に拡大する改編を決定済み。UEFAも欧州CL改革を検討中で、近く1次リーグを現行の6試合から10試合に増やすなどの新フォーマットが発表される見通しという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月21日のニュース