青森山田 逆転8強!藤原主将2発も満足せず「こんなものじゃない」

[ 2021年1月4日 05:30 ]

第99回全国高校サッカー選手権第3日 3回戦   青森山田4―2帝京大可児 ( 2021年1月3日    駒沢 )

前半13分、藤原(中央)が同点ゴールを決める(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 青森山田は逆転勝ちし、2大会ぶりVへ前進した。開始7分で先制されたが、DF内田のロングスローを起点に3得点。最後は3―2の後半36分、前半に同点ゴールを決めたDF藤原主将がこの日、2点目となるPKを決めた。ただ、守勢に回る時間も長かっただけに、来季浦和に加入するセンターバックは「選手権前までのサッカーが出せていない。まだまだこんなものじゃない」と満足せず、守備の強度を上げることで「青森山田のサッカーをもう一度体現したい」と誓った。

 ▼帝京大可児MF小宅主将 早い時間で1点取れて、自分たちが理想とする形になった。相手の高さやセットプレーでやられたけど後半は持ち直して、自分たちのサッカーができた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月4日のニュース