川崎F・小林「自分のゴール」で頂点導く!得点なら“V確率”98%

[ 2020年11月24日 05:30 ]

川崎FのFW・小林
Photo By スポニチ

 川崎FはエースFW小林悠(33)がゴールを決めたらV確率98%だ!チームは25日にホーム等々力で2位のG大阪と対戦。引き分け以上で2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる。21日に大分に敗れるなど足踏みが続くが、23日にオンライン取材で対応した背番号11は「自分のゴールで優勝という思いは強い」とV弾ゲットへ並々ならぬ闘志を燃やした。

 リーグ初制覇の17年に得点王にも輝いた小林はここまでJ1通算119得点。うち53点が等々力で決めたものだが、驚くべきはその勝率だ。等々力で決めて負けたのは14年11月2日の清水戦のみ。通算43戦35勝7分け1敗で勝率は実に81%。引き分け以上なら98%と驚異の確率だ。

 昨年7月にJ1通算100得点を達成。その際に贈られたDVDでは、今季限りで引退するMF中村からのアシストが多いことに気づき「決めさせてもらってたんだ」と強く感じたという。中村のアシストから小林がV弾。最高のシナリオにも期待で胸が膨らむ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月24日のニュース