J2新潟 アルベルト監督の続投発表 「これからも目の前の試合で全力を尽くす」

[ 2020年11月24日 11:03 ]

J2新潟のアルベルト監督
Photo By スポニチ

 J2アルビレックス新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)の来季続投を発表した。

 スペイン出身のアルベルト監督はバルセロナでスカウト、アカデミーコーチ、アカデミーダイレクターを歴任。ガボン協会テクニカルダイレクターなどを経て昨年は米MLSニューヨーク・シティーのヘッドコーチを務め、今季から新潟の監督に就任。パスを主体とした攻撃的サッカーを植え付け、前節終了時で14勝14分け7敗の5位につけている。

 アルベルト監督はクラブを通じて以下のようなコメントを発表した。

 「どのような状況であっても、サポーターの皆さんがチームを応援してくださっていること、また選手やクラブスタッフが、私へのリスペクトの気持ちを表してくれていることが、私の心に強く響きました。その中で、クラブが私を必要としてくれたことが非常にうれしく、そして契約延長が私の願いであったので、このたびの更新にとても大きな喜びを感じています。現在、チームが進んでいる道のりと同じように、これからも目の前の試合で全力を尽くすことが私の目標です。日々のトレーニングで努力を惜しまず成長を志し、勝利に向けて戦い続け、そして今のプレースタイルを継続していきたいと思います。また、サポーターの皆さんに誓えることがあります。アルビレックス新潟の選手たちは、一試合一試合、最後の1秒まで勝利を目指して戦い続けるということです。サポーターの皆さんには、選手たちへの後押しをお願いしたいと思います。日本一のサポーターの皆さん、これからも一緒に戦いましょう!!」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年11月24日のニュース