仙台、DVクビ騒動後初のホームゲームも…“15戦勝ちなし”に長沢が悔し涙

[ 2020年10月29日 05:30 ]

J1第30節   仙台2-3神戸 ( 2020年10月28日    ユアスタ )

試合前、一連の騒動を謝罪する仙台・菊池社長(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 仙台は騒動後初のホームゲームにも敗れて15戦勝ちなし。試合後にFW長沢の目から涙がこぼれた。

 2点を追う後半8分に長沢、同31分にDF飯尾がゴールを決めて一度は追いついたが、その1分後に突き放された。交際女性への暴力行為で逮捕されたと報じられたMF道渕諒平との契約を20日に解除。逆風の中、必死の粘りも及ばず、涙の理由を問われた主将は「こんなに応援してもらっているのに、結果を出せない悔しさが出た」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年10月29日のニュース