中島翔哉はポルト残留か 会長が明言「来季始めにはチームに復帰する」

[ 2020年8月1日 17:43 ]

中島翔哉
Photo By スポニチ

 ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉(25)について、ポルトのピントデコスタ会長が残留するとの見通しを示した。

 7月31日付の地元紙オ・ジョゴのインタビューで同会長は、5月中旬からチームを離脱している中島について「心理的な問題があり、パニックに陥った。彼は外国人で、周りの状況をよく理解できなかったため問題を解決できず、被害妄想に陥ってしまった」と心理面が原因だったと説明した。

 地元メディアでは退団の可能性も伝えられていたが「ポルトに”死刑”はない。もちろん計算に入っている。来季始めにはチームに復帰するだろう」と来季構想に入っていると明言した。

 昨夏に名門ポルトに加入した中島は、5月中旬からはチーム練習に参加せず、地元メディアでは家族への新型コロナウイルスの感染リスクを避けるためと報じられていた。7月上旬からはクラブ施設で個別練習を開始したもののメンバー外の状態が続いていた。

 中島の代理人は来季去就について、クラブとコンセイソン監督の判断次第との認識を示していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年8月1日のニュース