川崎F クラブ新7連勝で首位キープ C大阪が2位浮上 鳥栖が今季初勝利

[ 2020年8月1日 21:29 ]

<G大阪・川崎F>後半、先制点を挙げた川崎・大島(左)は田中と抱き合う (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 明治安田J1第8節第1日は1日、各地で8試合が行われ、首位の川崎Fは大島のゴールで前節2位のG大阪に1―0で競り勝ち、クラブ記録の7連勝で勝ち点を22とした。C大阪は湘南を1―0で下し、同17で2位に浮上。

 名古屋は柏のオルンガに得点を許して0―1で敗れ、今季初黒星を喫した。柏は4連勝。鳥栖はFC東京を3―2で破って初勝利を挙げ、横浜は最終盤のゴールで仙台に1―0で競り勝った。

 鹿島はエベラウドの3得点などで大分を下した。広島は横浜FCを下して5試合ぶりの勝利。浦和は清水と引き分けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年8月1日のニュース