Cロナウド、リーグ得点王“消滅” 最終節ローマ戦はメンバー外

[ 2020年8月2日 00:01 ]

ユベントスのC・ロナウド(AP)
Photo By AP

 イタリア・セリエAで9連覇を果たしたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が、リーグ得点王となる可能性が消えた。

 1日(日本時間2日)の最終節ローマ戦で、C・ロナウドは招集メンバーから外れた。ユベントス加入2シーズン目の今季はリーグ2位の31得点をマーク。同1位で35得点のラツィオのイタリア代表FWチロ・インモビレ(30)を4点差で追っていたが、最終戦欠場で逆転はなくなった。

 ユベントスは7日に欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でリヨン(フランス)と対戦。マウリツィオ・サリ監督(61)は31日の会見で、C・ロナウドの欠場については明言を避けながらも「あすの試合(ローマ戦)と来週の金曜日の試合(リヨン戦)では精神面で大きな違いがある。(リヨン戦へ)すべてのエネルギーを回復させる必要がある」と可能性が低い得点王獲得よりも、万全な状態で欧州CLに臨ませる考えを示していた。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年8月1日のニュース