「無知は武器だなって」 C大阪五輪世代の瀬古、ローランド様からの助言に感激

[ 2020年6月28日 20:31 ]

トークショーを行った(左から)瀬古、西川、ローランド、司会の池田愛恵里(C)CEREZO OSAKA 
Photo By 提供写真

 あの「ROLANDさま」から、C大阪の次代を担うホープに「無知は武器」などと名言が送られた。オンライントークショー「THE ROLAND SHOW~セレッソには“俺”がいる~」が28日に開催され、クラブの公認セレ男である「現代ホスト界の帝王」ローランドが登場。本人から直接の“ご指名”を受けた東京五輪世代のDF瀬古歩夢(20)とMF西川潤(18)がゲストで参加した。

 お互いの質問コーナーでは、プロ2年目の瀬古が「成功するためのヒントをいただけたら…」と切り出すと、ローランドからこんな答えが返ってきた。

 「僕が起業する時、知識も何もなくて、最初の事業投資にあり得ないぐらいのコストを掛けた。そうしたら、周りの経営者たちに“ばかげている”“採算が合わないから止めた方がいい”と笑われた。でも、初期投資をしたおかげでうけて、けっきょく繁盛した。何が言いたいかというと、知らない、無知はネガティブなイメージで捉えられがちだけど、それは一個の武器だなと思っていて。ルーキーとかって、良い意味で無知だと思う。批判やケガへの恐怖。そういう恐さが全くない状況。身の丈とかを知らずに行ってほしい」

 帝王からの熱のこもったアドバイスに「このまま突っ走ります」と感激した瀬古。「知りすぎない方がいい、みたいな。このままの自分で突っ走っていきたい」と気持ちを新たにしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月28日のニュース