J2東京V・藤本、起死回生のPK弾「チームのために蹴った」

[ 2020年6月28日 05:30 ]

明治安田生命J2第2節   東京V1―1町田 ( 2020年6月27日    味スタ )

後半アディショナルタイム、PKでゴールを決め喜ぶ東京V・藤本寛(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 J2東京Vは大久保とレアンドロがコンディション不良で欠場したリーグ再開戦は、終了直前に藤本がPKを決めて何とか追いついた。

 永井監督は「選手が我々のサッカーをやり通して、最後に何とか追いつけた」と好感触をアピール。昨年8月以来の出場となった藤本も「残り時間も少なかったし、チームのために、と蹴った」と価値ある一発にホッとした様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月28日のニュース