FCソウル、“ラブドール事件”で約875万円の罰金処分

[ 2020年5月22日 05:30 ]

韓国KリーグのFCソウル戦でファンの代わりにスタンドに置かれたマネキン(AP)
Photo By AP

 韓国Kリーグは20日、“ラブドール事件”を起こしたFCソウルに1億ウォン(約875万円)の罰金処分を科した。地元メディアによると罰金額はリーグ史上最高タイという。

 事件が起きたのは17日のFCソウル―光州戦。新型コロナウイルス対策で無観客のスタンドに並べた女性の人形が性的に使われるものではないかとの疑惑、批判が続出し、18日にクラブが謝罪していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年5月22日のニュース