浦和・槙野 母の日トーク中に母・令子さんがサプライズ登場「なんでおるん?」

[ 2020年5月9日 05:30 ]

浦和・槙野(左端下)の母の日トークにサプライズ登場の母・令子さん(右端下)

 新型コロナ禍で活動を自粛している浦和は8日、「選手とレッズママ~日ごろの感謝を伝えよう~」と題した母の日企画を公式ツイッター上でライブ配信。DF槙野智章(32)がREX CLUB会員から抽選された9人のママサポーターらと約1時間、母の日トークを展開した。

 毎年、花を贈っている槙野にとっても母の日は特別な日。以前、仕事に忙しい母を思い、造花をプレゼントすると「水をあげ続けながら“あんたのくれた花は枯れんね、凄いねって”、そんな天然な母です」とほほ笑ましいエピソードを披露し、笑いを誘った。

 トーク終盤には槙野にも内緒にしていたサプライズゲストとして、その母・令子さんが登場。槙野は「なんでおるん?なんでなん?」と驚きながら「丈夫な体に産んで頂いてありがとうございます」と照れくさそうに感謝の言葉を伝えた。

 トークは「ママサポーター」からの質問形式で進行。自粛生活が続く今、自宅ではDIY、懸垂トレにはまっていることを紹介。またサッカー少年を息子に持つ母親には「押し付けず、楽しむことを覚えさせて。ご両親がアドバイスするのなら物を大事にしなさい、あいさつできるようになりなさい、この2つだと思います。自分は中学3年まで“ありがとう”を言えなかったんです。とがってたんで…」と話した。

 最後は「僕たちが皆さんの前でプレーすることが皆さんにとっても幸せな時間だと思いますのでレッズファミリー、みんなで頑張って乗り越えていきたいなと思いました」とあいさつし、参加者全員の「We are Reds!」で締めくくった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年5月9日のニュース