神戸DFフェルマーレン 欧州選手権延期に「サッカーよりも大事なことがある」

[ 2020年3月24日 14:09 ]

練習後に報道陣の取材に応じる神戸・フェルマーレン
Photo By スポニチ

 神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(34)が24日、神戸市西区での練習後に取材に応じ、開催が延期になった欧州選手権について問われ「残念な気持ちはあるけど、サッカーよりも大事なことがある」と答えた。

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、6月に開幕予定だった欧州選手権は来年に延期された。欧州No.1を決める戦いに挑むことをひとつの目標にしてきただけに「残念」としつつも、冷静に受け止めている。

 「もちろん、プレーしたかったので残念な気持ちはあるけど、サッカーよりも大事なことがあると考えている。政府や公的機関がスポーツの大会を開催すべきではないと考えるなら、尊重するべき。人の健康というのは何よりも大切だから」

 母国ベルギーに残している家族とは密に連絡を取り合っており、外出を自粛し、ほぼ自宅で過ごしているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月24日のニュース