Jリーグ、代替日程は五輪期間&強化合宿以外で検討 5~6月の平日開催で補う

[ 2020年2月27日 05:30 ]

村井チェアマン(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、3月15日までの公式戦全94試合の延期を決定したJリーグが、J1の「代替日程」と東京五輪に出場するU―23日本代表の強化合宿期間(7月6~17日)が重ならないようスケジュール調整を進めていることが26日、分かった。

 J1各クラブで延期となったのはルヴァン杯1試合とリーグ第2~4節の4試合。関係者によれば現時点では5、6月の平日開催で補う方針。ルヴァン杯はプレーオフステージをホーム&アウェー方式から1試合に変更したトーナメント方式にする案もあるという。

 前日、Jリーグの村井チェアマンは「東京五輪には協力したい。(代替実施は)五輪期間以外が前提」と明言。東京五輪への協力姿勢を見せた。大会期間に加え、直前合宿中の代替開催も回避することで森保ジャパンを“アシスト”する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月27日のニュース