川崎F 3月15日まで全職員在宅勤務に アカデミー、スクールは活動休止 トップチームの練習見学は中止

[ 2020年2月27日 15:44 ]

 J1の川崎Fは27日、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して同日から3月15日まで原則として全役職員の在宅勤務を実施すると発表した。期間中の窓口業務も休止する。

 また、U―18からU-10のアカデミー(育成部門)とすべてのスクールについては同日から3月9日まで活動を休止。

 トップチームに関しては、6日からサインや写真撮影等の対応を一時中止していたが、当面の間、練習見学についても中止。オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ グッズ出張販売in ノクティ」、フロンタウンさぎぬまといった関連施設も28日から3月15日まで休業とし、川崎フロンターレ後援会については27日から3月15日まで原則として全役職員が在宅勤務となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月27日のニュース