バルセロナ・グリーズマン、後半同点弾でドロー セティエン監督「第2戦ではいろいろな選択肢がある」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

欧州CL・決勝T1回戦第1戦   バルセロナ1―1ナポリ ( 2020年2月25日 )

バルセロナのグリーズマン(中央)(AP)
Photo By AP

 バルセロナは、敵地で相手の堅守に苦しみながら何とか引き分けに持ち込んだ。1点を追う後半12分にMFブスケツのスルーパスからDFセメドが折り返し、グリーズマンが同点ゴール。チームのシュート7本のうち、枠を捉えたのはこの1本だけだった。

 今季CLは2得点のメッシが厳しいマークを受けて不発。第2戦はブスケツとビダルが出場停止となったが、セティエン監督は「カンプノウで守り切れるチームはないだろう。第2戦ではいろいろな選択肢がある」と自信を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月27日のニュース