森保J、W杯2次予選モンゴル戦もコロナ余波か 田嶋会長「連携しながら検討したい」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

日本サッカー協会の田嶋幸三会長
Photo By スポニチ

 日本代表のW杯2次予選モンゴル戦(3月31日、ウランバートル)も新型コロナウイルスの余波を避けられない情勢となってきた。モンゴル政府では3月29日までの国境管理措置(1月1日以後に中国、台湾に滞在および通過歴のある外国人や無国籍者の入国禁止など)、教育機関の休校措置が決定済みで同2日には新たな措置を更新する予定。

 同国政府の見解次第では開催方法、移動手段など森保ジャパンへの影響も必至な状況。田嶋会長は「(W杯予選の)意思決定はFIFA、AFCにあるので連携しながら検討したい」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月27日のニュース