神戸、28日から5日間オフ フィンク監督「5日間の練習プログラムを与えている」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

 新型コロナウイルス感染症の予防および拡散防止によるJ公式戦延期を受け、神戸は28日から5日間のオフを与えることになった。イニエスタやフェルマーレンら外国籍選手も国内にとどまる予定。三浦SDは「何のためのオフかは選手に伝えている。国民の一人として意識を持つことが大事」と口にし、やむを得ない遠出に関しては事前連絡することを通達しているという。

 フィンク監督は「選手には5日間の練習プログラムを与えている」と明言。早ければ3月18日のリーグ柏戦から再開するが、指揮官は「セットプレーやゴール前での決定力を上げる時間にする」と中断期間で、より完成度を高めていく意気込みだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月27日のニュース