浦和・西川 ルヴァン杯延期「このタイミングは少しびっくり」

[ 2020年2月25日 14:31 ]

練習後、取材に応じた浦和のGK西川
Photo By スポニチ

 浦和のGK西川周作(33)が25日、さいたま市内での練習後に取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となったルヴァン杯第2節について「もしかしたらあるかなとも思ったが、このタイミングは少しびっくりした」と話した。

 この日、選手にはミーティングで立花洋一社長から事情が伝えられたといい、「みんな納得していた。仕方ないし、自分たちも気をつけないといけない。ピッチを離れたところでも引き続き注意したい」とコメント。明日の松本戦は平日開催ながら2万5000人を超える観客が来場予定だったが、「明日の試合は平日にも関わらずたくさんの人がきてくれると聞いていた。選手として試合をできなくなったのは非常に残念だが、サッカーをやれているのも僕たちだけの力ではない。いろんな方の支えがあってできていると中止が決まって感じているし、見に来てくれる方だったり、たくさんの方が健康でいてもらえるようにJリーグが判断したと思う」と語った。

 Jリーグは25日の理事会で3月15日までに開催予定のすべての公式戦の開催延期について起案するとしている。チームは公式戦2連勝と勢いに乗っていた中での試合延期となったが、西川は「練習をやらないわけではない。怪我人も復帰したり、コンディションが上がらない選手は上げられたりする期間だとポジティブに捉えながら過ごしたい」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月25日のニュース