岡崎 VARでゴールならず 五輪OA枠浮上も「今は昇格しか考えていない」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

スペイン2部   ウエスカ0-2バリェカノ ( 2020年2月23日 )

ラヨ・バリェカノ戦の後半、攻め込むウエスカの岡崎
Photo By 共同

 ウエスカFW岡崎はフル出場したが、ゴールは奪えず。

 前半18分、右サイドのクロスに頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、VARで事前のプレーがハンドだったと判定されてノーゴール。「競り合いの中で確かに腕に当たったが故意ではなかったので…」と悔しがった。欧州視察した日本代表の森保監督と面談。東京五輪のOA枠の可能性も浮上しているが「今は昇格することだけしか考えていない」とだけ話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月25日のニュース