札幌DF田中“二刀流”披露 東京五輪目指す大卒ルーキーが定位置獲り意欲

[ 2020年2月10日 05:30 ]

練習試合   札幌2―7川崎F ( 2020年2月9日    沖縄・吉の浦公園ごさまる陸上競技場 )

札幌ルーキーで東京五輪世代DFの田中
Photo By スポニチ

 札幌は大卒ルーキーで東京五輪世代のDF田中が、川崎F戦で“二刀流”を披露した。

 後半16分から途中出場した1試合目は3バックの右、2試合目の前半は3バックの中央でプレー。「感覚が違う」と未完成を強調したが、定位置獲りへ「チームに合わせるだけでなく自分の良さを出して貢献していきたい」と意欲的だ。U―23日本代表も3バック。ボランチもこなす田中にとって複数ポジションでのプレーは有利に働きそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月10日のニュース