FC東京・健太監督、新布陣“4―3―3”模索「チームとしての幅は広がる」

[ 2020年1月25日 05:30 ]

 今季初のホームグラウンドでの練習を非公開で行った。28日にはACL本戦出場を懸けてセレス・ネグロス(フィリピン)と対戦する。新布陣の4―3―3に挑戦しており、長谷川監督は「新加入選手の適合は早い。融合させられれば、チームとしての幅は広がる」と話した。

 抜てきが期待される明大から加入のMF安部は「チャンスはある。即戦力と思われているので、試合に出たら結果を残したい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月25日のニュース