西野タイ史上初決勝T進出 五輪切符まであと2勝

[ 2020年1月15日 05:30 ]

U-23アジア選手権1次リーグA組 ( 2020年1月14日 )

<タイ・イラク>難敵・イラクと引き分けてベスト8進出、試合終了の瞬間バンザイをする西野監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 U―23タイは前日本代表監督の西野監督率いるチームが最終戦のイラク戦に1―1で引き分け、A組2位で同国史上初の1次リーグ突破を決めた。

 「グループステージをいかに突破していくかに全力を注ぐ」と、この試合に集中した指揮官は、11日のオーストラリア戦から先発7人を変更し、開始6分でVARによる判定から得たPKで先制。後半4分に追いつかれたが、同10分に攻撃の主軸2枚を一気に投入して主導権を渡さなかった。五輪切符まで、あと2勝だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月15日のニュース