U22代表 11対11の実戦メニュー、DF杉岡は3バックの一角でプレー

[ 2019年12月26日 12:01 ]

 親善試合ジャマイカ戦(28日、トラスタ)に臨むU―22日本代表は26日午前、長崎市内でトレーニングを行った。

 サイドからの崩しなどの連係強化に加え、11対11の実戦形式メニューも実施。前日25日の紅白戦はコンディション面を考慮されて参加しなかったDF杉岡(湘南)も、3バックの一角でプレーした。練習後には森保監督とMF安部(バルセロナ)が約10分間の“青空ミーティング”をする姿も見られた。午後もトレーニングを行う予定になっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年12月26日のニュース